20181009

 

最近自分の行為がどんどん雑になっていることに気づいて、おかしくなっていることに気づいた。

コンビニの食事で毎日済ませたりとか、バスに毎日乗ったりとか、すごく些細なことだったんだけどそれと日常のストレス(家族、仕事、制作、人間関係)もろもろで、とうとう最終面接の会社にも落ちてしまい一気にどん底になってしまった。

 

面接に落ちた後あまりにもしんどくて、そこまでしんどくないつもりなのになぜかしんどくて、お昼ぐらいに外に出ようとして準備をしようとしたらぼろぼろと突然泣いてしまって今日はI日休憩することに決めた。

 

その後好きな珈琲屋に行って、タバコを巻きながらぽつぽつとそういった話をしていたら、「良くなる意思」みたいなものを今君は失っていて、それを忘れるっていうのはすごくやばいから、思い出さないといけないよ、と店主に言われた。

 

良くなる意思とは、具体的にいうと自分の行為とか、動きとか、思考とか、生活とかを良くしていくぞ、例えば目の前のタバコの巻き方を、適当にするんじゃなくてきちんと上手くなっていこうとすること、たべものをゆっくりと噛んで食べること、物事を適当にゴリ押しで済ますのではなくて、きちんと良くなるようにしていくことなどが含まれる。

 

そういった感情をそういえば久しく生活の忙しさとか、ストレスとか、様々なものでおしつぶされてすり減らしてしまった。

店主にタバコの巻き方を教わりながら美味しいコーヒーを飲んでいると、逆に面接に落ちて、アーティストとしてやっていくことについてきちんと覚悟が決まってよかったんじゃないかと思うようになった。デザイナーとか、自分が適所ではないところにいかなくてよかったと思った。適所のことについて、面接落ちた時に先生に相談した時に、自分がいて自然だと思う所を想像したらいいよと言われ、その時思ったのがカフェでコーヒーをいれている自分とか、古着屋で働いている自分とかで、決してデザイナーやいけてるオフィスで働いてる自分ではなかった。そっちのほうがほんとに楽に生きていけるとも思う、

 

なりたい自分となれる自分は違うのだ、なれる自分の中でいちばん良くなれるように選択していくしかできない。

 

 

最後に店主から前向きになれるパズルを渡されて、もう一人のお客さんとうんうんうなりながら解いていたら解けた時にはもう日が暮れていて、すごくすっきりした気持ちになれた。休憩したので、ゆっくり頑張ろうと思う。とりあえず適所ではないところには、もういかないようにしようと思う。

 

 

 

 

空いた缶詰を灰皿にして吸うメンソール 雨止まず

 

台風の影響で大学が休講になった。今日は作品の提出の日であり、好きな先生の授業の日でもあったのだけれど、すべてが狂ってしまい少しけだるさが体に重くのしかかる。

 

大学へ行って制作でもしようかとおもうけれど、低気圧に弱すぎて準備する前に一眠りと思っていたら目が覚めたら三時だったので、もうとりあえず映画を見て、そうめんを食べて、酒でも飲んでいるけれど、1日を無駄に過ごしたと思いたくなくて、こうしてここに文章を、つれづれと書いている。兼好法師もひょっとするとこういう日があったのかもしれない。

 

最近、自分の生活にわざとノイズを挟むようにしていて、絶対に話の合わないような人とエンカウントする遊びをしている。これは人から見れば非常に時間の無駄なのかもしれないが、様々な人間の仕事や、人生を垣間見ることは、自分にとってとても面白い。結局自分の住んでいる街、住んでいるところでは、自分に似た人しか寄ってこない(まあ、結局そのエンカウントののちに仲良くなる人は、自分に合った人しかいないのだけれど。)

袖振り合うは他生の縁とはよく言ったもので、そういう人々と話をするたびに、人間は一期一会で、次に出会える保証はどこにもないのだと思う。現に、おそらくもう二度と会えない人ばかりだ。だからこそこの一瞬一瞬を大事にしないといけないのだなあと思う。

 

 

どうでもいいけれど、ひょっとすると中村明日美子のJのすべてで出ていた女タバコってフィリップ・モリス社のマルボロ4mgなのだろうか。最近ふと吸って見たくなって、昨日なんの気なしに買って見たのだけれど、なかなか口の中がすっとして気持ちがいい。もうめったと一人で吸わないけれど、こういう雨の日に吸うと葉がしっけてうまいし、ウイスキーと合わせるととてもうまいと思う。

あと一本映画でも観ようかな。

 

短歌

 

 

シュレーディンガーのメールとはこのことか ブルーライトを浴びる夜

 

あゝきみと 眠ろう共に とおくまで 溶けてくからだ うしなえさかい

 

海を見ていたのか何を見ていたのか 記憶のビデオにきみしかいなくて。

 

33で 散々なんだ 嗤うきみ わたしはそういう きみが大好き

 

青い空 白い雲 黄身のシャツに つたう首筋の汗 ひとすじ。

 

さしあたり よかろう時で ないですか  寄せるくちびる あついゆびさき

 

映画でも観てるようだねぼんやりと たゆたうバスは僕を溶かして

 

この心できみを喰い潰してやりたいよ、だから笑顔をくれないか

 

 

 

 

 

言葉は伝達するのではなくて表面をなぞるだけなのかもしれない/それでもたまに貫かれることがある、

 

台湾留学時代のときの友人が来ていた。私の友人たちは、皆私のことをよく尋ねて来てくれて、なんなら泊まっていってくれる。

今回の彼女も三泊ほどしていった。

私の友人たちは、みんな私の住んでいる街のことをよくわかる人々で、到着して、自分がいつもいる街のリビングのようなゲストハウスで一緒に食事をし、お酒を飲んだりした後、私の、人々の住んでいる世界から少しだけ遠い家で眠ると、次の日にはまるでこの街の住民のようになる。

今まで2回ほど友人がたずねてきてくれたが、二人とも昼近くまで眠って、起きてから朝ごはんを一緒に食べて、私が一緒にいるときは一緒に遊んで、一人でいたいときは一人でぶらつく。そして海を見ながら散歩したり、本屋によって本を買ったり、山に登ったり、お好み焼きを食べたりして、国に帰る前の休息をこの街でしっかりとって、国へ帰っていく。彼女も最終日はお好み焼きを食べて、お土産を買って、私の家で音楽を聴きながら二時間ほど昼寝をして空港へ向かった。

この街は休息のための街なのだと、私も今休息の途中であると彼らを見ると思わされる。

今回の彼女はマレーシア出身なので、中国語・英語・そして少しの日本語を交えながら話した、言葉を混ぜる行為は日本では白い目で見られるが、マレーシアやシンガポール、香港など以前英国や列強に統治されていた経験のある国では当たり前で、マレーシアでは中国語、英語、マレー語を一文の中で全て混ぜて会話するのが当たり前で、逆に言語一つだけで会話するのがしんどい時があるくらいなのだそうだ。それもそのはずで、言葉の中には絶対に翻訳できない、(当たり前だけど)その言語の中でしか捉えられないニュアンスというものがあって、それを別の言語に無理やり置き換える翻訳という暴力を使うのがいやな時が多々あるからだ。彼女に言わせるとマレー語は英語より詩的で、英語はたまにずさんなところがあるらしい。中国語は彼女の母語だが家の中で飲み使う言葉なので、まだ掴みきれていないらしい。彼女の中では英語が一番馴染みのある言葉なのだそうだ。

 

そういう風に見ていると、文化はどんな形で流入したにせよ、いつかは人々の自然なバックグラウンドになっていくのだと思う。そして違うことが当たり前になっていく。ひとは適応していく人間だから。

 

友人から教えてもらったマレーシアのロックの父、M.NasirのRaikan Cintaを聴きながらぼんやりとそう思っています。

 

 

夜のゆくえ

フランスの友人が街を出ることになった。なんてことはない、ただの自然の動きだ。日本語が話せない自分にフラストレーションが溜まったのだという。

 

出る前にスケートボードで遊ぶ約束をしていたので、夜にゲストハウスで待ち合わせをして、そのあと飲みに行った。

自分は彼と一対一で話すときに昔は緊張していたが、今は彼が自分の拙い英語をきちんと聴いてくれて、そしてきちんとそれに対して答えを返してくれる人間だとわかってからは、臆せず話せるようになった。今までの欧州の人々は皆あまり話せないと見下してくる人々が多かったから。

彼は人の心をその眼でまっすぐに見透してくる人物でもある。考えはシンプルで、思ったことを行動に移せ、その時にお金のことなんかは関係ないでしょう?お金のことでゴタゴタ考えるのはつまらないよ、と言ってくれた。

自分は彼と話す時に純粋な、それでいてとてもパワーのある答えがドスンと心の中に落ちてくるのをありがたく思っている。

「そして、でもやっぱり君は家族から独立するべきで、人々は家庭から外の世界を持つべきなんだ。そしてその次の場所や世界は、決める前にここでコネクションを作ったり、どこへ行くべきで自分が動きやすいところはどこかを考えた方がいい。作品を売ったりすることへきちんとチャレンジして行くことを考えた方がきっと君のためになる。シンプルに考えるんだ、シンプルに考えることが決め手を作るから。」

「旅の中で全く関係のない人々に出会って、こんなにもたくさん経験をした僕のようなケースは本当に稀だと思う・・・この街は本当に稀有な街だよ。そして僕はたくさんのことを得たよ、このひと月too muchだった。だから一人でまた旅に出るよ。そんな時間が僕には重要なんだ。」

 

彼は一人日本の南方へ旅立ち、そして母国へと帰るのだろう。

 

彼にはいつかまたどこかで会える気がしている。多分、街の景色の中にも彼はいるだろう。何故ならば彼は、街のかけらや我々、つまり彼と関わった人間たちのかけらを持って行くと同時に、街に彼のかけらを置いて行くからだ。そして街の一部になった彼と共に、我々は明日も、変わらぬ毎日を生きるのだろう。人生のただその時だけを重なり合うことの、なんと素晴らしく、希少なことなのだろうか。一ヶ月しかなくても、生涯の友人はできるもので、たくさんの影響を与え合うことができるのだと、彼と彼の周りから教えられた。

 

A bientôt , 君の旅の幸多からんことを。またいつか、どこかで。

maybe cause we’ll  meet again somewhere,oneday. Thank you gave me  many feelings.

歌会に参加した

 

f:id:shshkn700:20180517223414j:plain

学内に歌会の開催のチラシが出ていた。

自分は元来、詩や俳句、短歌が好きで、中高の国語の授業の時なんかも授業の内容はおざなりに、教科書に少ししかページを割かれていない漢詩や短歌をなんども読んだりしていた。

大学に入ってしばらく経つと、周りの友人が詩を嗜んでいたり、詩に関するイベントをしたり、いい詩人の本をオススメされたりしているうちに自分でも主にtwitterで短歌や詩を詠んだりしている人々を観測しだした。

発表に関しては、小学校の時の地域の新聞の俳句欄への投稿(そういう宿題だった)以外自身が発表するみたいなことは一切なかったし、何なら歌会が一体何をさすのかすらも知らなかった。みんなで歌を読み合うのかなとかそんな感じ。

 

一週間ほどでうたを作って、メールで二首送った。メールアドレスの横に自動的に表示される名前を見るとメーリングリストに登録されていた後輩だった。(自大学ではいまだに連絡にメーリングリストを使用している)。一体どういう風になるのか明日が楽しみで、後輩にその日のうちにどんな風にするのか聞きに行った。初めてだった自分に勤めて丁寧に教えてくれたので、あまり心配せずその日は眠りについた。

ちなみに二首は一番下に書きます。

 

歌会は想像していたよりももっと短歌を鋭くするというか、ブラッシュアップしていく作業をみんなで行っていく、みんなで短歌をどう読み解くかみたいなことをしていて、非常に面白かった。みんなでこういうことをする一番いいメリットは自分で気づかないところをもっと感度の鋭い人間が見つけたりするところだ。言葉の選び方の丁寧さに感心したり、短歌の内容に共感できるところが多かったりで学びが多かった。

自分の書いた文章が人のくちから音となって出てくるのは何とも言えずいい気持ちがした。声が入ると、文章は驚くほど様々な様相を見せる。

ビギナーズラックなのかどうなのか知らないが、後輩(短歌の会?みたいなものに所属しているらしい)に褒めてもらえてとても嬉しかった。何にせよ自分は褒められると伸びるタイプでどんどんやってしまうので、短歌や詩はこれからも調子に乗って続けていこうかなと思う。今日はその詩の後輩が去年出した詩集と、文化的に焼け野原だと思っていた自分の地元が、短歌や詩に関しては地方だとトップレベルだということを後輩に教えてもらい、さらにその本も貸してもらったので、書類が終わったら読もうと思う。書類からの現実逃避のブログ記事。

 

 

 

冷やし中華を冷やし麺というところに感じるある種のいとおしさ

 

フェス会場の空を舞う鳶(トビ) お前も聞いているか俺たちのいのちを

続きを読む

フェス行った



音楽を野外で酒飲みまくりながら聞くの本当に良くて、踊りまくったりしていた、芸術は宗教とともに発展してきたせいで、ともすれば一気に宗教になってしまうと思う。(ex.boredoms)


台北のクラブでも思ったけど、たくさんの人間が同じ音楽を聴いて揺れたりするのを見ると、人間って基本は複数形なんだなと思う。